(事故防止)食中毒は梅雨時期が最も多い

梅雨の季節がやってきました。この時期は湿度が高く、気温も上がり、食中毒のリスクが増える時期です。健康を守るために、食中毒の予防についていくつかのポイントをご紹介します。

1. 食材の選び方と保管方法

まず、食材の選び方です。新鮮な食材を選ぶことが重要です。特に肉や魚は、鮮度が落ちると細菌が繁殖しやすくなります。スーパーや市場で購入する際には、色や匂いを確認しましょう。

また、購入した食材はすぐに冷蔵庫に入れることが大切です。冷蔵庫の温度は4℃以下、冷凍庫の温度は-18℃以下に保つようにしましょう。冷蔵庫に入れる際には、食材を適切に分けて保管することで、交差汚染を防ぐことができます。

2. 調理の際の注意点

次に、調理の際の注意点です。手洗いは基本中の基本です。調理を始める前に、石鹸を使って20秒以上しっかりと手を洗いましょう。また、生肉や生魚を扱った後も必ず手を洗うことが重要です。

調理器具やまな板も清潔に保つ必要があります。生肉や生魚を切ったまな板は、熱湯で消毒するか、食器洗い機で高温洗浄するのが効果的です。

3. 食品の加熱

食品はしっかりと加熱しましょう。特に肉や魚は中心部までしっかりと火を通すことが大切です。加熱の目安として、肉の中心部が75℃以上になるまで調理すると安心です。

また、残った料理を再加熱する際にも注意が必要です。再加熱する場合は、全体がしっかりと熱くなるまで温めるようにしましょう。

4. 外食時の注意

外食時にも食中毒のリスクはあります。信頼できるレストランや食堂を選び、料理が提供されるまでの時間や調理の清潔さにも注意を払いましょう。また、提供された料理が十分に加熱されているかを確認することも大切です。

### まとめ

食中毒は予防が可能なものです。少しの注意で、健康を守ることができます。梅雨の時期、特に気を付けて、元気に過ごしましょう!